復興に向け!

大船渡の製材所に支援物資を運び、今週に入りDOCOMOの携帯が繋がるようになり、色々と製材所の社長と話をしておりました。
「まだ、電気・電話・FAXが通っていませんが、なんとか発電機を確保し、フローリングの加工を始める準備が整いました。」と、連絡が入りました。

いつまでも沈んでいても何も変わらない!
こんな時こそ動ける人間は動いて、被災地の復興をしないと何も始まらない!
そして、仕事をすることによって少しは、三陸町内の復興になるなら一刻も早く動くことが一番いいんではないか?と考え再出発を決められました。

私は、この社長の思いに深く感動し、この赤松の製材所の商品をもっといろんな人に伝えていき使用して頂き、その売り上げの一部を大船渡市三陸町への義援金にしたいと思っております。

なので、このブログをご覧の皆様、過去の記事を見てどんな商品があるか確認して下さい。
そして少量でもいいので、是非図面に入れて下さい。
「被災地の復興するぞ!」と、いう熱い思いに少しでもご協力頂ければ幸いです。
さぁ!頑張っていくぞ~!

加工を待つ、乾燥済みの原板達が、皆様の所へ行けることを今か今かと待ってますよ。
a0150218_2035252.jpg

[PR]
by yanchyanapapa | 2011-03-25 20:37
<< 小さな家こそチャーミング。 よかった! >>