西表島最終日

いよいよ最終日!一番見たい物それが「サガリバナ」
サガリバナとは 6月下旬から7月初旬にかけて旬を迎えるサガリバナ(サガリ花)は西表を代表する美しい花。夜から咲き始め、朝には全て木から落ちてしまうという一夜限りの儚い花です。
a0150218_1413498.jpga0150218_1432925.jpg
a0150218_1441087.jpga0150218_1443091.jpg
a0150218_145085.jpga0150218_1454496.jpg
a0150218_146877.jpga0150218_1463430.jpg
a0150218_1472268.jpga0150218_1475899.jpg
a0150218_1481357.jpga0150218_1484517.jpg
a0150218_1492237.jpg
これがAM3時に起床して、暗闇をひたすらカヤックを漕いで1時間程上流へいくと、あまーい匂いがあたり一面漂ってきます。すると川沿いの枝に、夜中に咲くサガリバナが見えてきます。
この写真のように、めちゃくちゃ綺麗で本土では絶対にお目にかかれない花。色はピンクやホワイト黄色などもうめちゃくちゃ綺麗なんです。しかも私が行った7月5日が一年の中で一番咲き乱れる季節らしく、ある意味これを見に行ったのが今回の目的です。
最終地点である一番上に着くと辺はうっすらと夜が明け、まさしく幻想的な世界。
しか~し!!なぜか足が痒い。そして耳元で一瞬プーンと鳴る虫の音。
夜も完全に明け、下流へ戻っていき足をふと見ると、何かに刺された跡が数十箇所発見!
これは(○゚д゚)ャバィカモ・・・ 旅館の人に聞くと、それは「モッコや!」
モッコってなんや?地元でいうモッコとは、正式名称ヌカカ
それに噛まれると、赤く腫れあがって、めちゃくちゃ痒い。しかも殆どの薬は効かない!
そしてそして一番厄介なのが、半年は痒みと噛まれた箇所の跡が残るとのこと。
マジか~ヽ(;▽;)ノ 
最後の最後にいらないお土産を持って帰ることになってしまった。
早速地元の病院に行き診察してもらうと、「今まで聞いたことのない虫ですね。当院では事例がないので、詳細を控えさせて下さい。」と、カクカクシカジカ説明をして、出された薬がこれ
a0150218_14323011.jpg虫刺されなどに使う最強な塗り薬で、デルモベート(ステロイド系)これ以上の効く薬はありません。塗り薬のランキング表を見せてもらいましたが、滅多なことでは処方しないらしい。
塗り薬を一日朝晩の2回塗布、飲み薬は普通一日2嬢なのに、3嬢飲む。身体にいいのか解らないけど、相当ヤバイ症状なのは間違いがない。西表の人たちが「ハブより厄介で一番嫌な生き物だよ。」と、言っていたのがよくわかりました。┐(´д`)┌

と、ここで西表島を後にして、再度石垣島へ戻り、飛行機の時間まで石垣を周遊です。
[PR]
by yanchyanapapa | 2014-07-05 12:58 | その他の話
<< 西表島から石垣島周遊最終日 西表島周遊 >>